葉酸に関する基礎知識

beginner

ここでは葉酸に関する基礎知識をまとめています。

胎児奇形のリスク減や貧血予防に効果あり

妊娠を意識していないときには、葉酸という単語自体を知らなかったという人は多いかもしれません。妊娠してから病院でサプリメントを勧められて初めて葉酸の存在を知った人も多くいます。

 

なぜ今、葉酸の必要性がそれほど叫ばれているかというと、胎児奇形のリスクを減らす効果があるからです。妊娠中の葉酸摂取で、特に需要なのは妊娠初期です。妊娠初期の胎児は細胞分裂を繰り返し、器官や中枢神経のような大切な部分が形成されていきます。この時期に葉酸が不足すると、脳が欠損する無脳症などの神経系の障害が起こる可能性が高くなります。

 

また、妊娠中期から後期にかけては、母体が貧血になることを防ぐ働きもあります。貧血になると立ちくらみなどで転ぶ危険もでてきますし、毎日、鉄剤の服用をしたり鉄の入った注射を毎週打たなければいけなくなったりする場合もあります。

過剰摂取に注意

しかし、何でも摂りすぎは良くありません。葉酸も過剰摂取してしまうと、赤ちゃんが生まれてからアトピーや喘息になる可能性があります。

 

厚生労働省が推奨しているのは、1日400μg(マイクログラム)の葉酸をサプリメントなどで摂取したほうが良いと言われていますが、摂取上限の1000μgは超えないようにしましょう。普通に食事を食べ、サプリメントを摂っていても上限を超えることはほぼありませんが、複数のサプリメントを服用する場合には、ビタミン類の過剰摂取に加え、葉酸の過剰摂取にも気をつけてください。

 

また、喫煙者は非喫煙者に比べ葉酸の吸収率が悪くなるので多めの葉酸摂取が必要になります。理想は妊娠する前から葉酸を摂取することですが、妊娠してからなら、なるべく早いうちに摂るようにしましょう。

 

葉酸の基礎知識
 妊娠前後の摂取が最重要期間。奇形等のリスクを減らす効果がある。
 妊娠中~後期には貧血予防に効果がある。
 普通の食事に加えてサプリメントから1日400μgの摂取が推奨されている。
 1日1000μg以上の過剰摂取に気をつける。